Spiral Original Repairman Vest

イメージしたのは働くレザー

Spiral初のレザージャケットアイテム。

指先を真っ黒にして仕事に打ち込む修理工に似合うベスト。その名も「Repair man vest」

RepairManと言えば、SHOE RIPAIR AND PRODUCTS BRASS代表松浦氏がまさにそのイメージ。今回特別にご協力いただき、モデルとなっていただきました。

Spiral Original Repair Man Vest
Spiral Original Repair Man Vest

どこにもないレザーベストを産み出すこと

オリジナルのレザーアイテムを作りたい。でもどこにでもあるものじゃつまらない。着想は1900年代初頭のイギリス軍のジャーキンベストでしたが、あらゆる箇所を大幅に変更。ジャーキンと共通しているのはレザーのベストである事とボタン留めである事くらいでしょうか。

ブーツ、バイク、ジーンズ・・・あらゆるものを再生させるリペアマンの仕事。それは物を大切にしたいと思う人の気持ちを手助けすること。そんなリペアマンの背中を温めるのには真摯な作りのレザーベストが似合います。

Spiral Original Repair Man Vest
Spiral Original Repair Man Vest

浜松にこだわる

Spiralオリジナルアイテムを製作するにあたっては、出来るだけ浜松や遠州、地元の素材や生産背景を活用したいと考えています。今回もベストの製作は浜松のレザージャケット工房に依頼。一着一着、丁寧に裁断、縫製していただきました。裏地には現在ではコストがかかり過ぎる為、ほとんど製造されることの無くなった高密度で太畝な福田産のデッドストックコール天生地を採用しています。

Spiral Original Repair Man Vest
Spiral Original Repair Man Vest

使えるベストであること

実際に役に立つアイテムでなければ意味が無いと考えました。

レザーはフライトジャケットにも使用される強靭なホースハイド。着用することで表面の色が抜け、シワも入ります。着用する人それぞれの経年変化は唯一無二の表情を作り出します。

作業の邪魔になる袖を排除し、後付されたようなパッチポケットにはグローブや道具を無造作に突っ込んでも落とさない仕様。アームホールは小さく、タイトなシルエットでインナーにも使用できるように。カットソーの上に着る他、着用した上に、色落ちしたクタクタのカバーオールを羽織っても絵になります。フロントボタンを閉めずにラフに着こなすことも可能です。

首元は深目の合わせで、しっかり閉めれば首元から入る風を防ぎ、開けばダブルのライダースのような襟元に見せることもできます。

 

ポケットの仕様違いで二種類のモデルを製作致しました。

シングルポケット・・・左前パッチポケットのみモデル。

ダブルポケット・・・左前パッチポケットと右片玉縁ポケットの両ポケットモデル。

購入方法

SPIRAL ORIGINAL LEATHER PRODUCTS

REPAIR MAN VEST

  34,36,38,40,42

 ¥88,000+TAX

 

当店のオンランショップよりお買い求め下さい。

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

053-925-6001

spiral.jeans@gmail.com

ご購入にあたって

【サイズ感】

身長168センチ 体重64キロ スタッフギャロの場合、

size36でタイトめ、38でジャストサイズ。どちらも着れます。以下の着用画像を参考にしてください。

各部の実寸はオンラインショップのページに掲載しております。ご不明な点がございましたら、お電話、メール等でお問合わせ下さい。

053-925-6001

spiral.jeans@gmail.com

 

【ご決済方法・送料】

ご決済方法は銀行振込、代引き、クレジットカード決済等、豊富にご用意させて頂いております。オンラインショップへアクセスして頂き、御希望のご決済方法をご選択下さい。

離島、海外等特別料金のかかる地域を除き、送料無料でお届けいたします。

 

Repair man vest・・・Wear size36

Repair man vest・・・Wear size38