spiraldanceロゴ
天竜産野生獣皮革販売・天竜産野生獣皮革を使用したオリジナルアイテムの販売

人間の都合で殺される野生動物達

 

廃棄される亡骸

失われた生命の証を、

最大限に活かす方法を見つけたい

 

それは人と自然をつなぎ、

人と人をつなぐSPIRAL


Spiral Dance とは

静岡県浜松市の半分から北側に天竜区という美しい山々に囲まれた自然豊かな土地があります。

その天竜区で害獣として、食肉用として狩猟される鹿や猪の野生動物の皮を回収し、姫路のタンナーさんに送って革に加工し、そのまま素材として販売すると共に、Spiralで企画した製品としても販売しております。


SPIRAL dance製品のお買い上げに際しての注意事項

SpiralDanceの革は、天然の野生動物の皮革であるため、喧嘩傷、鉄砲穴、ダニなどの虫食いの跡、ナイフ傷・・・などがございます。

SpiralDanceではこのような自然の営み(人間が捕らえる際や加工する際に生じた傷も含めて)による傷はこの皮が生きた証として、あえて生かしております。消したり、カットしたり、避けるような加工は致しません。

SpiralDanceの革の特性として、この革をさらに魅力的に生かして下さる方や、この生きた証を魅力的だと感じて下さる方に販売させていただきたいと思っております。商品の特性を御理解の上お求め下さいますよう、お願いいたします。

 

但し、生皮の取扱には充分配慮し、上記のような自然の営みによる傷とは違う、腐りや変色が出るような不手際の無いよう、当店にてしっかり管理しております。

 

皮革には個体差もございます。季節によって厚みも質感も変わります。一枚として同じ表情の革はございません。

同じ工程で同じ色で仕上げました革でも一点一点違う表情になります。

一期一会の出会いをお楽しみ頂けますと幸いです。

 


spiraldanceの素材について

SpiralDanceで使用しているイノシシや鹿の皮は、天竜区二俣町の寿司割烹「竹染」さんと、天竜区春野町のジビエ工房「ジミート」さんよりご提供頂いています。

皮に自然の傷以外のダメージが出ないよう、どちらも剥いだらすぐに冷蔵もしくは冷凍して頂き、生皮の鮮度を守っています。

ジビエ工房「ジミート」さんでは地元の猟師さんが持ち込むイノシシや鹿を解体し精肉加工して販売されています。

ジミートさんのお肉を購入できる店舗

私も購入させて頂きますが、本当に臭みもなく美味しい♪旨みたっぷりでおすすめです!

寿司割烹「竹染」さんでは森の名手でもある店主自ら自然の山や川より獲ってこられた、天然の肉を使用し、鮮度や衛生面にも細心の注意を払い極上のお料理に変えて提供してくださいます。テンチョーは鹿ヒレステーキ御膳がお気に入りです♪時期によっては天然うなぎもありますよ。

 



SPIRAL dance の始まり

ご縁があって、ある日、1頭の鹿の生皮がSpiralにやってきました。

 

害獣駆除で廃棄される生き物について、ジビエブームの裏側で廃棄される皮について、ずっと気になっていた私は、この廃棄されている皮を活かすということ、”鞣す”と言うことはどういうことなのかを、先ずは、身をもって体験してみようと思いました。

 

それはもう、言うが易しとはこの事だと痛感せざるを得ない、大変な半年間の皮との格闘となりました。

 

「鞣す」というのは皮を腐らなくすることです。

 

これに関しては確かに成功しました。

腐らない革はできましたが、それはもうぼろぼろの穴だらけ。

 

これではとても活かしているとは言えない。

 

やはり革を作るという工程はプロにお願いするべきだと確信。

野生の皮を鞣してくれる皮革加工業者さんを探すことになりました。

 

鞣すと言っても野生獣の皮。。。しかも超小ロット。。。相手にしてくれる鞣し業者さんは片手ほどしかありません。いろいろな人の繋がりと助けを得て、そのうちの2社とお付き合いさせて頂けることとなりました。


spiraldanceの鞣し

秘密が多いタンナーさんの世界。お付き合いさせて頂いている、国内で唯一、本当の白鞣しを手がけることのできるタンナーさんを訪ねて、姫路まで行ってきました。

 

届いた原皮を手際よくドラムへ入れていきます。

 

冷凍で届いた原皮を先ずは解凍するところから、多くの工程が施されます。

 

私達が見れたのはほんの触りの部分。

 

これからいくつもの工程を経て、原皮から革へと変化していきます。

一口に「鞣し」と言っても、沢山の種類があります。

SpiralDanceの革は、原皮の状態や、作りたいものによって、タンナーさんと連絡を取り合い、その都度鞣し方を変えています。

 

鹿革は一般的にはシボが多くて柔らかい。

猪は繊維が荒くて固い。

 

そんな固定概念が私達にもありました。

 

ところが鞣し方次第で、思いもよらぬ変化を遂げることがわかりました。

 

これからも研究を重ね、鹿や猪の革だからこそ素晴らしい!と感じていただける製品を目指して、いろいろな鞣しに挑戦していきたいと思います。


spiraldanceのものづくり

現在、SpiralDanceの製品は長野県に工房を構える「Groover Leather」さんにご協力頂いております。

猪や鹿の革の良さを最大限に引き出すには一流のレザー職人の手をお借りするのが何よりだと考えるからです。

全国に広がりつつある、野生獣皮革製品の中でも、SpiralDanceの製品はクオリティが高く、魅力的だと自負しております。是非店頭、もしくは当店オンラインショップでお確かめください。

右GrooverLeather代表徳永さん、左GrooverLeather職人原山さん
右GrooverLeather代表徳永さん、左GrooverLeather職人原山さん

また、天然皮革の傷跡や穴などを活かしたハンドメイド感溢れる製品もテンチョー福澤とスタッフギャロこと鈴木が手作りにてご提供させていただきます。

 

SpiralDanceの製品は天然皮革を使用するため、個体の状況によりまして同じ革でも部位によって全く違う表情となります。このため、ほぼすべてが一点物となります。

形を変えた生き物のの証を、手にした貴方の日々の生活に生かしていただければ幸いです。